「暮らしやすい社会の実現を」

上部タイトルには、情報労連として掲げるテーマ・コンセプトなどを一言で表示したいと思っています。こちらの文章には、上部タイトルに関する説明や情報労連とはどのような活動をしているかなどの情報を文章化して表示したいと思っています。
サイト全体のカラーテーマはSDGsカラーとなっております。
下部スライドショーでは活動の紹介画像あるいは支援している事業などのスライドショーを入れ込みたいと思っております。

NEWS

2022年3月4日(金)

ここに最新の記事の文章内容が表示されるように設定します。上のロゴの部分には記事のサムネイルの表示を行います

2022年3月4日(金)

ここに最新の記事の文章内容が表示されるように設定します。上のロゴの部分には記事のサムネイルの表示を行います

2022年3月4日(金)

ここに最新の記事の文章内容が表示されるように設定します。上のロゴの部分には記事のサムネイルの表示を行います

2022年3月4日(金)

ここに最新の記事の文章内容が表示されるように設定します。上のロゴの部分には記事のサムネイルの表示を行います

Our activity
情報労連の活動

Polisy/System
政策・制度

雇用と暮らしを守るためには、職場での労使交渉だけでは解決できない課題もたくさんあります。例えば、税制改革や行財政改革、医療・年金制度といった社会的セーフティネットの拡充、労働法をはじめとしたワークルールの確立、環境・エネルギー政策や教育政策などです。こうした課題について、働く者の立場から政策決定レベルに意見を反映させて、暮らしやすい社会の実現に近付けていく。情報労連では、「経済成長至上主義」から脱却した、持続可能な「暮らしやすい社会」をめざす『情報労連 21世紀デザイン』を中心とした体系的な政策・制度を確立し、ナショナルセンター「連合」における論議や、各省庁や地方自治体を通じて、働く人たちの意見の反映を行っています。

労働安全衛生

Occupational
safety and health

組合員の命と健康を守る労働安全衛生活動は、労働組合運動の根幹となる重要な取り組みです。情報労連の職場では、電気通信工事における事故の発生が危ぶまれます。そのため情報労連は関係する加盟組合と連携して事故情報の共有化や再発防止に積極的に取り組んでいます。また、すべての組合員の心の健康維持に向けてメンタルヘルスにも、取り組んでいます。

Diversity
ダイバーシティ

情報労連は、運動の方向性示した「情報労連21世紀デザイン」の中で、「性別や年齢の違い、障がいの有無、貧富の差にかかわらず、『ケイパビリティ※』が誰でも平等に保障される社会」を実現していくことについて掲げています。その実現に向けて、「SOGI※」への理解浸透をはじめ、差別やハラスメントの解消に取り組むことが不可欠であるとの考えのもと、各種取り組みをさらに推進しています。

Harassment
ハラスメント

情報労連は、誰もが差別を受けることなく、その個性と能力を十分に発揮できる、多様性が受容される社会や組織、職場づくりを通じ、「情報労連21世紀デザイン」に基づく『ケイパビリティ』が誰にでも平等に保障される社会の実現をめざします。情報労連は、誰もが人格や尊厳を傷つけられることなく、安心して働くことのできる環境整備に向けて、ハラスメントのない組織、職場づくりに努めます。情報労連の役職員等は、ハラスメントなど、個人の尊厳を損なう行為を行ないません。

Education
教育

労働組合は人材育成の場でもあります。組合活動に携わることで、自らの業務だけにとどまらずに、幅広い視野から企業経営や社会を見渡す能力を身につけることができます。情報労連では、加盟組合向けのセミナーを実施して、次代のリーダーづくりを実践しています

Tomorrow Earth
明日Earth

「明日Earth」は、地球と私たちの未来のために行う社会的な活動のこと。情報労連と、情報労連を構成する労働組合がみんなで取り組んでいます。争いのない平和な世界をつくる。自然を守り、持続可能な地球をつくる。貧困をなくし、子ども達の明るい未来をつくる。活動の内容は多種多様であり、「労働組合・組合員自らの行動」が基本。日本全国の組合員それぞれが活動を実施しており、同じ想いをもつ地域の人々とのつながりも深めています。「明日Earth」は、みんなが社会貢献のために集い、つながる拠点です。本Webサイトを通じて広く皆さんに「明日Earth」の活動を知っていただき、明日の地球、明るい未来づくりへの想いを同じにして頂けたら幸いです。全国各地、はては世界で実施されている仲間たちの活動を、どんどん紹介していきます!

Global
国際

グローバルサプライチェーンの急速な進化と国境を越えた企業のグローバル化がますます進展している現在、各国の経済情勢はより深く相互に関連しあうようになっています。私たち日本で働く労働者にとっても、自らの労働条件の維持・向上のためには、世界で働く人たちの労働条件の底上げが欠かせません。
また、貧困との闘いや労働者の権利保護など国際労働運動に求められる役割はいっそう大きくなっています。情報労連では、約2000万人の仲間が集う国際産業別労働組合「UNI」に加盟して、世界の仲間と連帯してディーセント・ワークの実現へ向けて取り組んでいます。

Legal advice
法律相談

グローバルサプライチェーンの急速な進化と国境を越えた企業のグローバル化がますます進展している現在、各国の経済情勢はより深く相互に関連しあうようになっています。私たち日本で働く労働者にとっても、自らの労働条件の維持・向上のためには、世界で働く人たちの労働条件の底上げが欠かせません。
また、貧困との闘いや労働者の権利保護など国際労働運動に求められる役割はいっそう大きくなっています。情報労連では、約2000万人の仲間が集う国際産業別労働組合「UNI」に加盟して、世界の仲間と連帯してディーセント・ワークの実現へ向けて取り組んでいます。

i-net club
あいねっと倶楽部

「あいねっと倶楽部」は、情報労連が運営する組合員とその家族のみが利用できる福利厚生サービスです。
専門家による労働相談法律相談・年金相談・健康なんでも相談、セクハラ相談などの生活に関わる相談が無料でできるほか、育児・介護などのライフステージに合わせたサービス、日々の暮らしに役立つ幅広いサービスを提供しています。 さまざまな提携先の特典が利用できます。

Goods and services
商品・サービス

情報労連は、労使で働く者の労働環境や現場課題、事業経営等にについて積極的に協議し、健全な企業活動につなげる建設的な労使関係の拡大・推進に向けた取り組みの一環として、情報労連に加盟する仲間が提供する商品・サービスの紹介を行なっています。商品・サービスを購入・利用する際の判断要素に、その商品・サービス自体の品質やサポート体制を考えることが一般的ではありますが、「労働者にも優しい環境で製造されている商品・サービス」を選択基準の一つにすることで、社会全体の労働環境改善につながるものと考えます。

衆議院議員・千葉県第1区

たじま 要

参議院議員(比例代表)

吉川 さおり

衆議院議員・宮城県第1区

岡本 あき子

参議院議員(比例代表)

石橋 みちひろ

01.

支え合い・助け合い運動

02.

真の多様性ある職場を

03.

知るから始めよう、最低賃金

04.

Wor-Qのサイトを紹介しよう

情報産業労働組合連合会(情報労連)
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-6全電通労働会館5階
TEL:03-3219-2231
Mail : info@joho.or.jp

© 2022 情報労連 All rights reserved.